バイオフィリアリハビリテーション研究と予稿集

1.本誌の目的

①バイオフィリア リハビリテーションまたはそれに関する分野の研究報告の発行

②教育的な論文の掲載

③関連分野における最近の傾向や成果の掲載

④バイオフィリア リハビリテーション学会で処理された色々な事柄の掲載(ニュース等)

⑤バイオフィリア リハビリテーションや発展にかかわる記録

2.投稿者の資格

本誌への投稿は原則として本会の会員ならびにグループに限るが、特に本会に寄与する論文であれば会員外の投稿も受理する。

3.論文の種類

原著: 論理的かつ明確な構想に基づき、自分自身の研究結果をまとめて、ある結論を与えたもの。内容は新しい情報、洞察、理論の提示を通して独創性を主張しうるもの。新規かつオリジナルであることが、編集委員会において認められたもの。

報告:独創性を問うものではないが、 バイオフィリアリハビリテーション分野に有用かつ意義があると認められたもの。

症例研究:特殊な問題をもつ症例の臨床経験や臨床的問題についての報告と考察を行ったもの。

短報:短い原著に近いもので、結論の速報・略報として書く。症例報告、臨床報告、新しい情報、各分野からの助言等もここに入る。

その他: 招待論文・紹介論文・記事・解説、声、紹介など編集委員会が掲載を認めたもの。但し、論文の種類は編集委員会で定める。

原著、症例研究、報告の場合、要旨・文献・図表を含んで原則として刷り上がり6(A4サイズ)。原稿には一連のページ数をつける。使用言語は日本語又は英語。

短報は刷り上がり2(400字詰め原稿用紙ユ2)。その他については刷り上がり1/2(A4)。図表は1個を400字詰め原稿用紙1枚として換算すること。

4.具備すべき条件

他誌に発表、または投稿中の原稿でないこと。

:翻訳文を掲載することが出来る。日本語等、国際的に使用されていない言語で発表されている論文は英文論文にできる。

②投稿は電子投稿による。マイクロソフトワードにより、規定の様式に従って作成した論文を電子投稿すること。電子投稿できない者は学会事務局に問い合わせる。

③フォーマットに記載の規定枚数を超過しないこと。

英語論文を投稿する際には、必ず英語を母国語とする翻訳者による翻訳又は信頼にたる翻訳会社による翻訳を行い、翻訳者の署名付きの証明書を添付する。論文投稿時に別途郵便で送付すること。英文抄録も同様の扱いとする。

(自身で実施できない場合は、学会にお問い合わせください。)

. 論文書式について(規定フォーマットの利用)

バイオフィリアリハビリテーション学会のホームページ(wwww.biophilia.info/)に掲載してあるMicrosoft Wordフォーマットをダウンロードし、必ず利用すること。(ダウンロードできない方は学会事務局までご連絡ください。)

6.原稿の採択

原稿の採否は査読の結果により定める。掲載巻号は編集委員会において決定する。査読の結果、編集方針に従って原稿の一部変更をお願いすることがある。また、編集委員会の責任において字句の訂正をすることがある。

7.投稿料及び別刷

投稿料は別に定める。別刷は希望により有償で作成する。投稿時に20部を希望した場合は1万円、それを超える部数、後日の注文については実費を徴収する。

その他 校正は原則として1回とし、校正は赤字で行う、本誌に掲載された論文の著作権は、バイオフィリア リハビリテーション学会に属する。

原稿送付先および連絡先 バイオフィリア リハビリテーション学会事務局 somu@ biophilia.info

252-0804 神奈川県藤沢市湘南台4-24-5  FAX 0466-90-4552